レッスン代値上げと、リード大特価のお知らせ

大変申し訳ございませんが、6月7月よりレッスン代及び月謝を上げさせていただきますm(__)m
(一般のお弟子さん達の了解はおおよそ頂いております)

社会人

  • ワンレッスン¥7000→¥8000
  • 月謝3回で¥15000⇒¥17000

学生 (今まで通り)

  • ワンレッスン¥5000
  • 月謝3回で¥10000

言い訳ではないでのすが、私がオーボエを始めた時は(約50年前)ワンレッスン¥6000でした。

なお、教室でのリード購入は常に30~40本から選べるようにして、当分1本¥2,500 ⇒ ¥2,000の大特価!にさせていただきます。
お弟子さん以外も、大歓迎です。

お弟子さんは4本ごとに1本おまけ付き!です🎵

オーボエは90%がリードの良し悪しです。
練習から良いリードを使って戴きたいためお求め安い価格にしました!
クオリティーは上がっております。
全て私がコンサートで吹けるリードのみお試しいただけます。

リードの新価格は6月から、
レッスン代は7月から改訂させていただきます。

どうか皆様、ご理解の程、どうぞよろしくお願い申し上げますm(__)m

高橋淳拝

スーパーリードが30本できました

JDCの皆様。スーパーリードがただいま30本出来ました🎵

今までも4本以上お買いとめなさった方には1、2本おまけしていましたので、当分1本2000円でお譲りいたします🎵

どうぞお好みのリードを早めにお選びくださいませ✨

次作もスタンバイしております( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆

「オーボエとピアノのためのコンサート」は無事終了いたしました。

リサイタルはなんとか無事に終わりました
皆様のお陰です( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆
どうもありがとうございましたm(__)m

次は来年の秋にBachをメインに予定しております。

藤井はチェンバロも上手なので、BWV1020,1030、十八番のルイエCdur、後半は藤井作品新曲、ヒンデミット、カリボォダを予定しております

ご期待ください。



















今回の白寿ホールシリーズVol. 3はミリオンコンサートさんと偉い評論家先生がバックアップしてくださいます。
また藤井一興ファン効果でチケットが売れております。

お求めはお早めに チケットぴあまたは、オーボエリード小岩工房 にてよろしくお願い申し上げます。

もちろんお弟子さんはレッスン時に私から直接お求めになれます。
高橋淳

ベンジャミン君とお母様からのメール

先日のベンジャミン君とお母様からご丁寧なメールを担当いただきました。

Hello, Thank you very much for the lesson yesterday. I enjoyed it very much even though I found playing with the conservatoire system for first time a little difficult. Hopefully I can bring my oboe with me next Sumner and have another lesson. Thanks again and have a lovely summer.

高橋先生、昨日はありがとうございました!ベンはコンセルバトワールのオーボエで初めてふくのはかなり難しかったそうですが、今までの他の先生からは習ったことのない色々なことを習得できたと言っておりました。私は先生のお話を伺うのがとても楽しかったです。次回は来年夏かとも思いますが、サムプレート/デュアルシステムのオーボエを持参してレッスンをお願いしたいと言っておりますので、その時はまたよろしくお願い致します。良い夏をお過ごしください。ありがとうございました。

Best wishes,

Benjamin and Yukako Chilton

ベンジャミン君

イギリスはニューカッスルから来たベンジャミン君19歳。

私の酷い英語とドイツ語(どうでも欧米人の方だと出てしまう(..))日本語でとても楽しくレッスンさせていただきました🎵
基礎とアルビノーニをやっていただきました🎵
素晴らしかったです❗
とても楽しかったです✨
ベンジャミン、どうもありがとう。
また来年お待ちしております

なつかしい写真シリーズ5

拙宅に来てくれた巨匠達!

わたしのイングリッシュホルンとリードメイキングの先生ユルゲン

ウィーンフィルの首席ファゴット、スュテパン。

北ドイツ放送響の首席オーボエ、パウル。


デトモルト音大のオーボエの教授(今は指揮者として活躍中)、ゲルノート。麻雀で一人勝ちしていました。

亡き父の誕生日だったので、ユルゲン、パウルとハッピーバースデー変奏曲🎵

ヤマトの父親江戸太郎号、エディー

なつかしい写真シリーズ6

ハンブルク交響楽団🎵

そして野外オペラ。

カラヤンとベルリン・フィルで悲壮。1979年イタリア大震災のチャリティーコンサート。私は4番オーボエで24歳。

そして私の永久帰国の送別会。 北ドイツのオーケストラにいる日本人オーボエ奏者が集まってくれました